債務整理でも最初に検討するのはコレ

社会的ダメージが最小限

債務整理にはいろいろな方法がありますが、どの方法でも借金の返済に関してはメリットがあっても社会的なダメージは大きく、5年から10年間はローンを組めなかったりクレジットカードも持てないなど、社会生活の中で不便に感じることはとても多くなってしまいます。その中でも比較的社会的ダメージの少ない債務整理と言えば、任意整理と言えます。任意整理は、これまでの借金を全体的に見直して過払い金などもすべて含めて借金の減額をしたりすることによって、返済を少しでも楽にするための解決方法です。

任意整理は誰にオススメ?

債務整理の中でも裁判所を通さずにサッと解決することが可能な任意整理は、残念ながら希望すれば誰でも対象となるわけではありません。借金の返済が3年から5年位で完済できる人が対象となるので、自分の返済能力でコツコツ返済しても完済までに何十年もかかってしまうような場合には、残念ながら任意整理ではないほかの債務整理が選択肢となります。弁護士を通して行うのが理想的なので、手続きするにはいくらかの費用がかかりますが、裁判所を通さないので比較的安価に解決できることも多いようです。

任意整理のデメリット

任意整理をすることにはデメリットもあります。それは、どのような種類でも債務整理をしたということは顧客信用データベースへ自己記録として残ってしまうため、クレジットカードやローンなど信用が大切な借入商品は利用できなくなってしまうという点です。任意整理の場合には、自己記録が5年間保存されるため、この期間はアパートの契約ができなかったりするなど、日常生活の中で不便な点もたくさんあるようです。無駄遣いをして返済ができないから任意整理をしようかな、と安易に考えるのではなく、自分で解決するための努力をしたけれど無理だった場合の解決策としましょう。任意整理中の返済は、決して延滞することが無いように肝に銘じておきたいものです。