債務整理にかかる費用の相場を知りたい

自分でするのが最安値

債務整理は、法律に明るくて書類作成や手続きが自分でできる人なら、かかる費用は諸経費のみで2万円~3万円程度に抑えることはできます。しかし、債権者との借金減額や過払い金返還などの交渉も行わなければいけないので、法律に精通していない人にとっては精神的に決して簡単ではありません。費用は掛かっても弁護士に依頼する方法が、精神的にも時間的にもスムーズに解決できる方法と言えるでしょう。

弁護士費用はケースバイケース

弁護士に債務整理を依頼する場合、かかる費用はケースバイケースで異なりますが、リーズナブルな料金設定となっている弁護士事務所の場合には、最初に着手金として1万円~2万円程度がかかり、最終的には減額報酬や成功報酬として、依頼者の経済的な負担が大きくならない料金設定となっていることが多いようです。例えば、150万円の借金を弁護士が交渉して100万円まで減額してくれた場合、差額の50万円に対して10%の5万円が減額報酬となったりします。目安としては10万円~20万円ぐらいが多いようです。

費用が高くなるのはこんなとき

弁護士に依頼しても費用が高くなってしまうことはあります。それは、財産を持っている場合です。住宅や高級輸入車など、財産とみなされるものがあると、管財事件という扱いになるため、裁判所での手続きの際に予約金として50万円ほどの費用が発生することになります。

費用をかけない方法とは

出来るだけ債務整理にかかる費用を抑えるためには、弁護士事務所の選び方や、どんな方法で債務整理を行うかをよく比較することが大切です。弁護士事務所ごとに提案してくれる解決方法は異なりますし、料金形態なども異なるため、A事務所では10万円で解決してもらえてもB事務所だと40万円かかってしまう場合もあります。最初の相談は無料になっている弁護士事務所もたくさんありますから、ぜひ賢く利用して自分にピッタリの解決方法を見つけましょう。