債務整理するとクレジットカードが持てない?

基本的には作れない

債務整理をすると、その記録は顧客信用データベースへ自己記録として記録され、任意整理の場合には5年間、自己破産だと10年間は自己記録として残ってしまいます。自己記録ということは分かりやすく言うと「返済能力に問題あり」ということなので、信用が大切な借入商品などは審査に通りにくくなってしまいます。住宅や自動車など担保型のローンを組むことも難しいため、無担保のクレジットカードやカードローンなどは審査に通ることは期待薄と言えます。

どうしてもクレジットカードが欲しい時にはどうする?

以前では、債務整理をした人はかなり100%に近い確率でクレジットカードを作ることはできませんでした。しかし近年では、ケースバイケースでクレジットカードが作れることもあり、審査に通らない確率は高くても100%NGというわけではないようです。例えば、クレジットカードの中でも最初にいくらかを入れておき、残高の範囲でクレジットカードと同じように使うことができるプリペイド式のカードなら、申込む時に審査は行われませんから、債務整理をした人でも持つことができます。プリペイドカードを持つ際の年会費などの費用は無料のものがたくさんありますから、ぜひ費用を抑えたものを選びましょう。

審査に通るのはこんな人

債務整理をしてもクレジットカードの審査に通りやすいのは、どんな人なのでしょうか?金融機関にとっては、貸したお金を返してくれるのかどうか、その返済能力は重要なポイントとなりますから、正社員として働いていて安定した収入がある事を証明できれば、審査にも通りやすくなります。また、債務整理をしていても返済遅延などがなければ、責任を持って返済する気持ちはある人だとみなされるので、審査にも通りやすくなるようです。現実的には、申し込んでも審査落ちする確率は高いので、ダメ元で申し込むことが大切で、もしも少額でも審査に通ってクレジットカードが作れたらラッキーだと考えるようにしましょう。ちなみに、自己記録が抹消されれば、それまで通りにクレジットカードの審査にも通るようになります。