公務員は債務整理できる?

特別職でない限りは問題なし

公務員でも、事情によって多重債務になってしまったり、返済能力を超えた借入をしてしまうことはあるものです。自分自身では返済に対応できなくなって法的な解決方法を考えたとき、公務員として働いていると債務整理などをすると仕事をクビになるのではないかを不安に感じる人はたくさんいます。確かに、債務整理をすることによって資格制限や職業制限がかかるため、持っている資格や職種によっては仕事を続けることが難しくなってしまいます。しかし、公務員の場合には、人事官などの特別な職でない限りは問題ありません。公務員は「資格」ではないので、債務整理をしたからと言って首になってしまうことはないのです。

100%ばれないというわけではない

債務整理をすると、民事再生や自己破産などの方法を選択すると官報に名前が載ってしまいます。官報を細かく普段からチェックしている人はそれほど多くはありませんが、官報によって職場に自分が債務整理した事実を知られてしまう可能性はあります。また、債務整理をする前から多重債務で首が回らない状態だと周囲がうすうす状況を察していたり、債権者からの督促電話を受け取ることで、借入をしていることが分かってしまうということはあります。そのため、債務整理したことでバレるというよりは、その前からすでにバレていることが多いようです。

早めに弁護士に相談を

債務整理は、法律にのっとって合法的に多重債務を解決するための方法です。その解決方法によっては財産が没収されてしまうことはありますが、たとえ自己破産したとしても仕事に行くために必要なものや生活するうえで必要最低限の家財道具や費用などは没収されないので安心してください。借金で首が回らなくなると、周囲との人間関係もギスギスしやすくなってしまったり、精神的なストレスやプレッシャーで押しつぶされてしまいます。そうならないうちに早めに弁護士に相談するという方法をおすすめします。