住宅ローンが払えない時の債務整理

意外と多い住宅ローン返済不能

憧れのマイホームを購入する時には、少し背伸びをしてでもできるだけステキな物件を選びたいものです。銀行に進められるままにギリギリまで住宅ローンを組んでしまうと、ローン完済までの長い期間の中で他の出費が増えてしまったり、失業やリストラなどで収入が減ったりして、住宅ローンの返済が当初の予定通りできなくなってしまうことは意外と多いものです。住宅ローンが払えない場合、まずは支出を見直して生活費を調整することから始めますが、自分たちで解決するのが難しい場合には、債務整理を視野に入れて弁護士に相談することをおすすめします。住宅ローンなどの資産がある場合、債務整理の中でも自己破産をすると資産は没収されて借金返済に充てられるため、せっかく購入したマイホームから退去することになります。

自己破産以外の解決方法

住宅ローンは、消費者金融からの借り入れと比べると低金利でかりている有担保型ローンなので、返済できない場合には担保を取り上げられることになります。債務整理の中で自己破産以外には任意整理と民事再生という解決方法がありますが、このうち民事再生は住宅ローンは対象外となっているため、任意整理という方法しか残されていないわけですが、長期間にわたって住宅ローンの返済が無理だと任意整理でも解決は難しいでしょう。

弁護士に相談する前にできる事

債務整理という方法を選択する前に、自分たちの返済能力を超えたマイホームに住んでいることを認識して、売却するという解決策もあります。売却して住宅ローンが完済できる場合には、それがベストと言えるでしょう。自分たちで住まいを売却して住宅ローンを完済すれば、毎月の返済が苦しかったローンから解放されますし、自己破産による社会的ダメージを受ける必要もありません。マイホームを手放してもローンが完済できない場合には、どんな解決法があるのかを指南してもらうためにも弁護士に相談する方法をおすすめします。