債務整理のメリットとは

借金の額が減ることも

債務整理の中でも任意整理のメリットには、裁判所を通すことなく弁護士が債権者に交渉して借り入れ額を減額してくれたり、金利面で交渉してくれたり、また複数の借入を一つにまとめることによって利用者が毎月の返済がしやすい状態へと改善することができることがあります。裁判所を通すと資格制限がかかって、持っている資格によってはそれを使って仕事ができなくなってしまったり、官報に名前が記載されるために公務員の職によっては仕事を続けることが難しくなるなど様々なデメリットが出てしまうわけですが、債務整理の中でも任意整理と呼ばれる方法なら、日常生活へのダメージを最小限に抑えながら借金の見直しをすることができます。

どうしても返済できない場合は自己破産も

債務整理の中には自己破産という解決方法もあります。自己破産をすると、10年間はブラックリストに載ってしまうため、住宅や自動車を購入するためのローンが組めなかったり、クレジットカードを作れなかったり、アパートなどの契約ができないなど日常生活の中にも大きなダメージが出てしまうため、できるだけ避けたい解決方法と言えるでしょう。しかし借金の金額によっては、自分の返済能力で毎月コツコツ返済費用を捻出しても完済までに気が遠くなるほどの年月がかかってしまうこともあり、今後10年間の人生でかなりの苦痛を強いられても自己破産をしたほうがメリットになる場合もあるようです。どの解決方法が自分にピッタリなのかは、弁護士とよく相談しながら、メリットとデメリットを理解した上で決めるようにしましょう。

債権者との対応の任せられる

債務整理のメリットには、消費者金融などの債権者との対応も全て弁護士に依頼できるという点もあります。借入額や金利面では弁護士が全て代理で交渉してくれますし、うまく解決策まで導いてくれるので、全て一任できることは精神的にも大きな安心感につながりますね。闇金などは交渉がうまく進まない場合もあるようですが、一般的な消費者金融なら問題なく解決できることがほとんどです。